【第28回】空想戦記 -Sky Fliers Online-

前回まで、

第27回 空想戦記 -Sky Fliers Online-

実力と改造

1

電話で父さんといろんな話をした。

西高の2次募集を受けること、

友達と遊んで息抜きをすること、

母さんと上手につき合う方法などたくさん。

今まで誰にも言えなかったことを3年分一気に吐き出した気分。

「でもさ、西高を受験するのはわかったけど、僕友達いないからどうすればいいかわからないよ」

そう、僕には友達がいない。

でも父は即答で

『それならオンラインゲームをやってみたらいい』

とオンラインゲームを勧めてきた。

パソコンさえあれば誰でも参加できる空想の世界。

タイトルは、Sky Fliers Online。

「でも母さんが許してくれないし…」

『言わなくてもいい、悪いことをしているわけではないし、秘密にしたっていい』

「でも…」

『永太、お前は次高校生になる。この先自分で選択する機会が増えてくる。自分で進まなきゃならないんだ。他人の言いなりになるのは卒業しよう』

受話器から響く声が僕の耳を激しく叩き、父親のありがたい言葉を脳内にしまい込んだ。

2

電話を切った後、すぐにパソコンを開き、ゲームをダウンロードした。

勉強ばかりでゲームで遊ぶのは何年振りだろうか。

少なくとも中学3年間はゲームと無縁だった。

説明画面を見ながらキャラクターを作っていく。

全身黒のキトンをまとい、タイプは攻撃型、得意武器は双剣。

名前は、

「烏は頭がいいから…KARASにしよう!」

『KARAS』いい名前ですね。

こうして僕の『最初』のキャラクターKARASが誕生した。

3

西校の試験が終わったあとは、オンラインゲームにハマってた。

勉強も、嫌なことも、母さんのことも、

ゲームをしている時だけは忘れることができる。

KARASのレベルもスムーズに上がっていき、気がつくとハネツキになっていた。

1週間でハネツキまで到達するのはかなり実力のあるプレイヤーらしい。

春休みが終わる2日前。

ゲームにログインして間もなく、知らないプレイヤーに声をかけられた。

???
待っていたよ
1週間でハネツキになるなんて素晴らしい!

プレイヤーの名はNATSUHA。

この界隈で名を知らないものはいない。

Team Xの現在のリーダーでカリスマ的存在。

有名人に声をかけられて、気持ちが舞い上がっていた。

NATSUHA
KARAS君だね
我々と共にこの世界をぶっ壊そうではないか!

頑張ったって報われない世界。

勉強ばかりしてた日常に嫌気が差していたので、

『世界をぶっ壊そう』

というワードが魅力的に映る。

KARAS
よろしくお願いします!
NATSUHAさんについて行きます!

感激した僕は夢中になってキーボードを叩いた。

4

NATSUHAは僕に世界をぶっ壊すプラグイン、『NATSUHA TIMER』をセットしてくれた。

たちまちKARASのレベルは147まで一気に上がった。

NATSUHA
今世界をぶっ壊す鍵を開けた
君に使命を与えよう

・『王家シリーズ』を集める
・ITOSHIKIを倒す

使命を果たしたらまた新たな鍵を開けてやろう

その後の僕は狂ったようにたくさんのプレイヤーにPVを仕掛けた。

なんせレベルが147もあれば、ほとんどのプレイヤーは僕には勝てなかったから。

受験の時、僕だけ辛い思いをした。

それが今僕だけが楽しい思いでゲームの世界を駆け抜けている。

なんて素晴らしいんだ。

なんて楽しいんだ。

他人に勝つことが癖になって、ずっとずっとPVしていたくなる。

僕は無敵だ、

僕は最強だ、

僕は万能だ!

Team XにスカウトしてくれたNATSUHAに感謝だし、ゲームを紹介してくれた父さんにも感謝してる。

結局、春休みは母さんに見つからないようにオンラインゲームに勤しむ毎日だった。

続く

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ムツキ
ムツキ
いつでもそこにいるブロガーを目指してる30代農家。 何でもアリの雑記ブログやケータイ小説などを書いてます。