時の流れは早く並ぶ品もまた早い

こんにちは、ムツキです。

今日は子どもたちのアトピーの病院に行ってきました。

北海道も新型コロナの感染が増え続け、明日には緊急事態宣言が発令されるなど、予断の許さない状態が続いています。

そんな中での病院と買い出しだったので、心配性な僕ら家族は緊張感を持って向かいました。

子どもたちはそんな親の気持ちが伝わらなかったのか終始楽しくはしゃいでいましたね。さすがにこのご時世なのでキツく注意しましたが。

秋の気配を感じる品物

買い出しのスーパーに行き、僕は子どもたちに連れられてお菓子売り場に向かいました。妻から「1つだけならお菓子を買ってもいい」というお許しがでたからです。

どれにしようかなーとニコニコしながら迷っている姉弟。そんな子どもたちを横に僕の目に入ってきたのは、

  • さつまいもを使ったチップス
  • ジャックオーランタンが描かれたお菓子の袋
  • 栗味のお菓子
  • もみじの柄がプリントされたパッケージ

こんな感じの、秋の気配でした。

8月も終盤になると、朝の気温と夜の気温は、肌寒さを感じるようになり、四六時中暑いといった事は無くなってくるんですよね。

テレビでは冬タイヤのCMがぼちぼち流れ出し、つい最近は暖房のCMまで流れていました。

いくらなんでも、まだ8月ですよ。

僕の中ではまだ夏という認識なので、秋を感じるような品物はまだ遠慮して欲しいなと思うのが正直な感想です。

先取りが早すぎるような気がする

そもそも冬タイヤのCMが流れ出す頃って、もともと9月からだったような気がします。

なので8月それもお盆過ぎ頃に初めて確認した時はまだ早過ぎではないかいと素直な気持ちでツッコミました。(テレビに)

それだけではなく、最近は何でもかんでも先取りが早すぎるような気がするんですよね。

例えばこの画像。

ハロウィンの小物が店頭に並び始めたのを写真に収めたのですが、これを撮影したの8月14日ですからね。

いくら時代やテクノロジーが早く進んでいるからとはいえ、季節のフライングゲットはまた違うのではないかと考えてます。

だって、最後の最後までその季節を感じていたいですよね。

僕は夏が好きなので、夏の終わりのこの時期はいつも秋のパッケージを見てため息をついてしまうのです。

きっと夏は仕事で忙しいから、もっと満喫したかったという魂の叫びなのかもしれません。

色づく水田、ハゲる水田

9月に近づき、稲の色みも綺麗な黄金色になっていき、だんだん熟しが進んでいるなぁと感じている今日この頃。

ハゲも進んでいます。

えぇ困ったものです。

低い場所に水が溜まって排水が進まなかった場所に、強風というやっかいな現象が起き、結果柔らかい地面の中に稲が倒れて埋まってしまうという事が起こってしまいました。

無理矢理でも、排水させる為の水道を作ってやれば良かったのですが、干ばつの方に水が流れていくだろうと安易に考えて、作業を怠った為に起こったミスですね。

埋まってしまった稲はもうどうしようもないので、これ以上ハゲが進行しないように、排水するしかないのです。

なのでベチャベチャになりながら作業してました。

この時期にはあり得ないくらいの柔らかさです。

あと数週間でどうにかなるレベルではないのですが、今やれる事を必死にやって、あとは天に祈りを捧げます。

今年のお米は高く売れますように、と。

ではまたー。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ムツキ
ムツキ
いつでもそこにいるブロガーを目指してる30代農家。 何でもアリの雑記ブログやケータイ小説などを書いてます。