自信は自身がつけるもの

今の自分を作っているのは過去の自分

軽いようでとても重たい言葉。

成功している人にとっては、

「今までの頑張りが実ったね」

と聞こえますが、

僕には、

「今まで何もしてこなかったんでしょ」

と言われている気分。

自信がない根本的な原因

落ち込む男性

結論、「僕には自信がない」

もうすぐアラフォーになるという、

期待と不安が入り混じっている今日この頃、

「僕には自信がない」ということに気がつきました。

遊びとパチンコでほぼ消費してた20代。

がむしゃらにやれば何とかなったハズなのに、

  • 嫌なことから逃げて
  • 仕事も無責任で
  • 学ぼうともしなかった

その結果

  • 同期どころか後輩にも追い越される
  • 居心地が悪いから同じ境遇の人としか付き合わない
  • 下をみて自分はまだマシと安心する

絶賛右肩下がりな行動をしているから、

自信がつかないのは当たり前で、

むしろどこかのタイミングで、

「よしやるぞ!」

と気合が入ればいいのだけど、

うまくいかないのが人間なんです

隠そうとする

仮面をかぶった人

無能な自分を認めたくないから、

隠そうとするんです。

知ったかぶり、会話に入らず、嘘をつく。

他人から見れば、

「今日から実践すればいい」

「知らなかったことは今から学べばいい」

単純なことのように感じます。

でもプライドが高いと、

「こんなこともわからないのか」

「何年やってきているんだ」

「これくらいわかれよ」

と、なんだか責められている感覚になって認められないんです。

そしてズルズルと時は過ぎ、

何もしてこなかった自分を責めて悪循環のはじまり。

結局他人から責められなくても、

自分で自分を責めてしまうんです。

目線を少しだけ上に

階段を登る男性
  • 今の自分を変えたい
  • ダメな自分からの脱出

上記のように考えているのであれば、

目線を少しだけ上にして、胸を張って歩くところから始めましょう。

これが自信をつける第一歩。

猫背になっていると視線は下向きになりますし、

気分も落ち込んでしまいます。

少し角度を上げれば見える視野も広くなりますしね。

勾配1/12は角度にすると4.8°。

4.8°って角度は、

歩くのであればそこまでキツくないです。

でも120m進むと10m高いところに行けます。

日々の努力もこれと同じで、

小さな成功体験の積み重ねが、大きな自信につながっているのです。

確かに角度60°みたいな断崖絶壁を登るのであれば、

相当な努力は必要ですし、

頑張ったとしても登れるのは一握り。

でも、顔を上げて一歩一歩4.8°の傾斜を歩けば

120mで10mの高さに到達します。

自信をつけるってそういうことなんですよね。

メッチャ難しいけど。

「今の自分を作っているのは過去の自分」

今ダメなら今日から頑張ればいいんです。

今日から頑張れば、

5年後、10年後に見える景色はまた違いますからね。

ではまたー。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ムツキ
ムツキ
いつでもそこにいるブロガーを目指してる30代農家。 何でもアリの雑記ブログやケータイ小説などを書いてます。