雨はもういらないの件

こんにちは、ムツキです。

お米の収穫が間近に迫ってきて、準備もいよいよ大詰めです。

僕の地域でも早い人だと来週初めから刈り始める方も出てくるかと思われます。

そんな中今日、雨が降りました。

ゲリラ豪雨みたいな雨が、10分程ではありますが激しく降りました。

少なすぎる雨

農家としては降り過ぎるのも晴れ過ぎるのもよろしくないので、晴れも雨もバランス良くきて欲しいのが本音なのです。(完全に理想論です。)

今年は6、7月の降水量が驚くほど少なく、8月に入っても雨が少ない傾向は変わりませんでした。

干ばつの影響が各所に現れてます。

  • 米は地面のひび割れが酷く高温障害が心配
  • カボチャは玉の日焼けと場所によっては茎がかれている
  • 大豆は排水性が良い場所の育ちが悪く一部枯れている場所がある
  • ブロッコリーは定植後雨がなく、そのまま枯れる株も打数あり

あげればキリがないのですが、今年は必要な時期に雨が来なかった影響がモロに現れました。

ですが、今から雨が欲しいかと問われると

答えはNOです。

遅すぎる雨

結論から言いますとこの時期に雨が降ると、収穫作業が足踏み状態になります。

雨が降っている最中は外での仕事が難しいため、畑ものの収穫はできません。

稲に関しても、穂が濡れていた場合刈り取り機械が詰まる恐れもあるため必然作業が後ろ倒しになっていくのです。

他にも

  • 地面が柔らかくなり機械作業が困難になる
  • 稲が倒れて刈り取りが難しくなる
  • 水分が多くなるため乾燥に時間がかかる

などの問題があります。

この事から我が家の場合は今雨が来ても困るというのが正直な感想です。

ムツキ

9月はずっと晴れがいいなと思っています。

あと2ヶ月の勝負

2月下旬から始まった農作業もいよいよ終盤戦に突入します。

我が家の最終は11月頭なので、残り約2ヶ月となりました。

最後の最後まで気が抜けないのですが、年末にみんなで笑えるように今この収穫期を気合で乗り越えていきたいと思います。

ではまたー。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ムツキ
ムツキ
いつでもそこにいるブロガーを目指してる30代農家。 何でもアリの雑記ブログやケータイ小説などを書いてます。