I finished harvesting rice

夜、なかなか寝付けない子どもたちのために、

鬼から電話のアプリを使いました。

各姉弟の反応は以下の通りです。

姉(5)
ギャンギャン泣く。
妻と一緒に寝たくて泣いていたのも相まって激しく泣く。
弟(3)
寝たふりを決め込む。
鬼の電話が止まったら起きる。

やはり下の子だから賢いのかなと夫婦2人で笑ってました。

ということで本題ですが、

稲刈り終わりました!

例年より早い開始&終了

ここfine faceを立ち上げてから初めての稲刈りなので、

昨年よりと言っても比べようがないのですが、

先程iPhoneの写真を漁ってみたところ、

9月26日に稲刈り終了の写真がありました。

今年は今日9月17日で終了なので、今年の方が9日早いことになりますね。

以上の事から今年の稲刈りは全体的にとても早い時期だったことがわかります。

ここでは15〜16日のスタートであれば例年通りとしています。

スタートで見ても10日近く早かったので必然終わる時期も早かったですね。

品質はなんとも、、、

もみすりをして、玄米を見てみたのですが、

今年は乳白米がやや

目立つような気がします

やはり、夏場の暑さと降雨の少なさが影響しているのかもしれませんね。

他にも、

網の下に落ちた米が多い
水不足で粒が自体が大きくなれなかったのではないか。
どう割れ米が多い
他の地域でしたが、どう割れ米が多いと聞きました。これも水不足が原因かと思われます。

やはり全体的に水不足が今年のお米の品質に表れてると考えてます。

はやく新米が食べたい

終了したのは我が家の稲刈りだけで、もみすりや精米など行い、

新米にたどり着くまでにはもう少し時間がかかりますね。

昨年食べた新米が涙が出るほど美味しかったので、今年も美味しい新米ができていることを期待しています。

無事稲刈りが終わった事で農作業のピークは過ぎ、いよいよ終盤戦になってきました。

こらから寒い冬へと向かっていきますが、最後の最後まで怪我とコロナウイルスには気をつけて頑張っていきます。

って最後、硬い挨拶みたいになってしまいましたね。

今日はそういう回ということで。

ではまたー。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ムツキ
ムツキ
いつでもそこにいるブロガーを目指してる30代農家。 何でもアリの雑記ブログやケータイ小説などを書いてます。